債務整理ナビ - 相談・依頼で早期解決を!TOP > 手続き内容について > 種類について①

種類について①

 

債務整理をする際に行うことができる方法は、一般的に4つあると言われています。

 

あなたはご存知ですか?

そこで今回は、それぞれの特徴をご紹介するのでぜひ参考にしてみて下さいね。

 

<任意整理>
裁判所を介すこと無く、債務者と債権者の代理人との間で交渉が行われ、債務の額と弁済方法について和解させることを指します。

 

実際に処理を行うのが債務者の代理人になります。

 

※債務者本人が債権者と交渉することも可能です。

 

しかし、任意整理は裁判所を通さずに行われるので、言わば個人的な債務整理ということになりますね。

 

ですから、債権者側がその交渉に応じないことが多いです。

 

また、例え債務者本人との交渉に応じても、債権者側に有利になるように話が進むことが多いようです。

 

なので、任意整理を行う際は、出来れば弁護士や司法書士などの債務整理の専門家に頼んで、行ってもらうことをお勧めします。

 

ちなみに、任意整理をする場合は債権者全ての合意が必要になります。

 

そして、返済期間も3年程度と比較的短めの期間になることが多いようです。

 

それが満たされないと、債権者側が任意整理に応じてくれないこともあるので、十分注意しておきましょう。

 

<特定調停>
特定調停は、サラ金からの借金やクレジットカードの利用などで返済をしている方が、支払いできなくなる可能性がある債務者に対し、経済的再生をしてあげるために、債務者と債権者の間に簡易裁判所の調停委員が入って、支払い方法や借金額などを決めるという債務整理のことを言います。

 

上記で説明した、任意整理の裁判所バージョンと考えて頂ければ良いです。

 

債務整理については、利息制限法に従って債務を引き直して、3年程で完済できるようなプランに変更することを目的としている方法になります。

 

【安心してお金借りるなら】
バンクイックの評判や審査のポイントはこちら。あっ、お金を借りる前にしっかり返済計画を立てておいて下さいね。大変なことになってもいけませんから・・。

 

手続き内容について記事一覧

種類について①

債務整理をする際に行うことができる方法は、一般的に4つあると言われています。あなたはご存知ですか?そこで今回は、それぞれの特徴をご紹介するのでぜひ参考にしてみて下さ...

種類について②

債務整理の種類は一般的に4つありますが、こちらでは引き続き「民事再生」と「自己破産」に関することを説明しますね。ぜひ参考にしてみて下さい。<自己破産について>自...

特定調停について

裁判所を介して行われる公的な債務整理のことを、特定調停と呼びます。裁判所の調停委員が、債務者と債権者の間に入って仲介することによって、債務額や返済期間などを交渉する手続きに...

任意整理について

裁判所を介さないで行われるプライベートな債務整理のことを、任意整理と言います。色々なところで借金をしている人が、法定金利の上限を超えた状態で利息を支払っている場合では、法定...

個人再生について

あなたは、個人再生という債務整理の方法がありますが、ご存知ですか?これは、民事再生法に基づいて、債務者が債務額の一部分を一定期間内に支払うということを約束し、それを条件に残...

自己破産について

あなたは、自己破産という債務整理の種類がありますが、ご存知ですか?これは、債務の返済が困難になってしまった場合、または不可能になってしまった場合に、裁判所に自己破産手続きの...